薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

飲料のカフェイン含有量

 

カフェインが多く含まれている飲料といえばコーヒーが有名だが、コーヒー以外にもカフェインが多く含まれている飲料は多い。

特に最近では、エナジードリンクを日常的に愛飲している人が増えており、薬との飲み合わせに注意が必要。

 

 

 

*100mlあたりのカフェイン含有量

コーヒー:約60mg

紅茶:約30mg

煎茶:約20mg

玉露:約160mg

烏龍茶:約20mg

ココア:約10mg

コーラ:約10mg

エナジードリンク:約30〜300mg

 

 

*カフェインの取りすぎに注意する薬

以下の薬剤では、カフェインとの相互作用が確認されているためカフェインの取りすぎには注意する。

 

テオフィリン製剤
テオフィリンの代謝が競合的に阻害され、作用が増強する。

 

アロプリノール
キサンチンオキシダーゼ阻害作用により、カフェインの代謝を阻害することでカフェインの作用が増強される。

 

SSRI
ニューキノロン系

CYP1A2によるカフェインの代謝を阻害することでカフェインの作用が増強される。

 

シメチジン
カフェインの代謝を阻害することで、カフェインの作用が増強される。

 

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。  

 





 プライバシーポリシー