薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

抗うつ剤の増強療法

 

うつ病の治療において、抗うつ剤の投与で効果が不十分である場合に、非定型抗精神病薬や気分安定薬を併用することがある。

これらの併用療法は「抗うつ剤の増強療法」と呼ばれる。

 

 

 

*増強療法に使用される薬剤

増強療法では、以下の薬剤などが抗うつ剤と併用される。

 

非定型抗精神病薬
・アリピプラゾール(エビリファイ)
・オランザピン(ジプレキサ)
・クエチアピン(セロクエル)
・リスペリドン(リスパダール)

 

気分安定薬
・炭酸リチウム(リーマス)
・カルバマゼピン(テグレトール)
・バルプロ酸ナトリウム(デパケン/セレニカ)
・クロナゼパム(リボトリール/ランドセン)
・ラモトリギン(ラミクタール)

 

ドーパミン作動薬
・ブロモクリプチン(パーロデル)
・プラミペキソール(ミラペックス/ビ・シフロール)

 

精神刺激薬
・メチルフェニデート(リンタン/コンサータ)

 

その他
・レボチロキシン(チラーヂンS)

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。  

 

 

 





 プライバシーポリシー