薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

チーズと薬の相互作用

 

チーズに多く含まれるチラミンが、一部の薬の作用に影響を与えることが判っている。

以下の薬剤服用中はチラミンを多量に含有する食品の摂取は、可能な限り控えるよう指導が必要。

 

【チラミンとの相互作用を起こす薬剤】

・セレギリン(エフピー)
・ラサギリン(アジレクト)
・イソニアジド(イスコチン)
・イミプラミン(トフラニール/イミドール)
・シメチジン(タガメット)

 

*機序と中毒症状

上記薬剤がチラミンの代謝を阻害することで、チラミン中毒を引き起こす。

症状としては、頭痛、顔面紅潮、血圧上昇などが挙げられる。

 

*チーズ以外の食品では?

チーズ以外にもビール、ワイン、ソーセージ、サラミ、たらこ、ニシンなどもチラミンの含有量が多いため、同様の注意が必要。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。