薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

鉄剤の違い

 

処方頻度が高い鉄剤、フェロミアとフェロ・グラデュメットの比較まとめ。

 

*一般名

フェロミア・・・クエン酸酸第一鉄(無機鉄)

フェロ・グラデュメット・・・硫酸鉄(有機鉄)

 

*作用

作用はどちらも鉄として吸収され、ヘモグロビンの生合成に利用される。

 

*吸収の違い

フェロ・グラデュメットは有機鉄であるため胃内pHが高いと吸収が低下するが、フェロミアは無機鉄であることから胃内pHが高い環境でも吸収に影響は受けにくい。

そのため、PPIや制酸薬を服用中の場合や、高齢者、胃切除患者にはフェロミアが適している。

 

*服用時点

フェロ・グラデュメットは、胃内pHの上昇が吸収に影響を受けやすいため、基本空腹時に服用。吐き気などの副作用が強い場合は食直後に服用する。

一方、フェロミアは胃内pHの影響が少ないため、副作用軽減の観点から食後に服用。

 

*消失時間

フェロ・グラデュメットは、プラスチック格子に硫酸鉄を含有している徐放性製剤。投与後24時間で血清鉄濃度が投与前の水準に戻る。

フェロミアは普通錠で、投与後12時間で血清鉄濃度は投与前の水準に戻る。

どちらも1日1〜2回の服用。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。