薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

潰瘍性大腸炎に対するコレスチラミンの有効性

 

潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患(IBD)に対する、コレスチラミンの有効性が示唆されている。

 

*作用機序

胆汁酸が多量に存在する回腸では、炎症性サイトカインの産生や酸化ストレスが高まり、炎症反応を促進することが示唆されている。

そのため、コレスチラミンを投与することで胆汁酸が吸着され、回腸における炎症が抑制されると考えられる。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。