薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

[新薬]テプミトコ錠

 

*一般名

テポチニブ塩酸塩水和物

 

*規格

250mg のみ

 

*適応症

MET遺伝子エクソン14スキッピング変異陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌

 

*用法・用量

通常、成人にはテポチニブ塩酸塩水和物として1回500mgを1日1回食後に経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。

 

*特徴

・国内初のc-MET阻害薬。

・適応となる変異は、非小細胞癌のうち約3%程度。

・c-METとは、癌細胞が発言するチロシンキナーゼで、幹細胞増殖因子(HGF)が結合することで核内に細胞内シグナルを伝達し、癌細胞の増殖や遊走、浸潤に関与している。

・本剤は、本来腫瘍増殖に必要なHGFが存在していない環境でも恒常的に増殖するMET遺伝子変異陽性の腫瘍に対して効果を発揮する。

・CYP3A4およびCYP2C8により代謝される。

・p-糖タンパク質の基質となる。

 

*注意点

・主な副作用として、体液貯留、腎機能障害、肝機能障害、間質性肺疾患、悪心、下痢、食欲減退など。

・間質性肺疾患による死亡例あり。

・他の抗癌剤との併用、手術後の服用に際する有効性および安全性は確立されていない。

・p-糖タンパクを阻害するため、ダビガトラン 、ジゴキシン、フェキソフェナジンなどのp-糖タンパク質の基質となる薬剤との併用注意。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。