薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

[新薬]ラツーダ錠

 

*一般名

ルラシドン塩酸塩

 

*規格

20mg / 40mg / 60mg / 80mg

 

*適応症

・統合失調症
・双極性障害におけるうつ症状の改善

 

*用法用量

統合失調症
通常、成人にはルラシドン塩酸塩として40mgを1日1回食後経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は80mgを超えないこと。

双極性障害におけるうつ症状の改善
通常、成人にはルラシドン塩酸塩として20~60 mgを1日1回食後経口投与する。
なお、開始用量は20mg、増量幅は1日量として20mgとし、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は60mgを超えないこと。

 

*特徴

・非定型型抗精神病薬(SDA:セロトニンドパミンアンタゴニスト)。

・統合失調症に対しては、中脳皮質系のセロトニン5-HT2A受容体を遮断することにより陰性症状を改善し、中脳辺縁系のドパミンD2受容体の遮断することにより陽性症状を改善する。

・うつ症状に対しては、セロトニン5-HT7受容体遮断作用と5-HT1A受容体部分作用(パーシャルアゴニスト作用)により症状を改善する。

・ヒスタミンH1受容体、ムスカリンM1/M2受容体への親和性をほとんど示さない。

・主にCYP3A4で代謝される。

 

*注意点

・主な副作用として、悪性症候群、遅発性ジスキネジア、糖尿病性ケトアシドーシスなど、他の非定型抗精神病薬と同様。

・中等度以上の腎機能障害および肝機能障害がある患者では、投与量の減量を考慮する。

・CYP3A4を強く阻害または誘導する薬剤との併用禁忌。

・グレープフルーツジュースの摂取は避ける必要がある。

・空腹時には吸収が低下する。

・服用中の車の運転などの危険を伴う機械の操作は禁止。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。