薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

モビコールの特徴

 

モビコール配合内用剤は、慢性便秘症を改善する浸透圧性下剤。

以下、まとめ。

 

*一般名

・マクロゴール400
・塩化ナトリウム
・炭酸水素ナトリウム
・塩化カリウム

 

*適応症

慢性便秘症(器質的疾患による便秘を除く)

 

*用法・用量

本剤は、水で溶解して経口投与する。

 

通常、2歳以上7歳未満の幼児には初回用量として1回1包を1日1回経口投与する。以降、症状に応じて適宜増減し、1日1〜3回経口投与、最大投与量は1日量として4包まで(1回量として2包まで)とする。ただし、増量は2日以上の間隔をあけて行い、増量幅は1日量として1包までとする。


通常、7歳以上12歳未満の小児には初回用量として1回2包を1日1回経口投与する。以降、症状に応じて適宜増減し、1日1〜3回経口投与、最大投与量は1日量として4包まで(1回量として2包まで)とする。ただし、増量は2日以上の間隔をあけて行い、増量幅は1日量として1包までとする。

 
通常、成人及び12歳以上の小児には初回用量として1回2包を1日1回経口投与する。以降、症状に応じて適宜増減し、1日1〜3回経口投与、最大投与量は1日量として6包まで(1回量として4包まで)とする。ただし、増量は2日以上の間隔をあけて行い、増量幅は1日量として2包までとする。

 

*特徴

・主成分のポリエチレングリコールがもたらす浸透圧により、腸管内の水分量が増加し、便の軟化および便容積が増大することで、大腸の蠕動運動を促す。

・腸管内の電解質バランスを維持し、糞中水分の浸透圧を適切なレベルに保持するために、電解質が配合されている。

・ポリエチレングリコールは腸管から吸収されないため、全身性の副作用や薬物相互作用が少ない。

・2歳以上の小児で服用可能。

・水で服用しにくい場合は、オレンジジュース、りんごジュース、緑茶、烏龍茶、麦茶、紅茶に溶解して服用可能(IFに配合変化試験の記載あり)。

 

*注意点

・他の便秘症治療薬(酸化マグネシウムなど)で効果不十分な場合に使用する。

・主な副作用は、下痢、腹痛。

・必ず水やジュースに溶解して服用する。

・下痢や軟便がみられる場合には、減量・中止を行う。

・2歳未満の小児、乳幼児には使用不可。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。