薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

ケトプロフェン貼付剤による光接触皮膚炎

 

モーラスやミルタックスなどのケトプロフェン貼付剤において、頻度の高い副作用として光接触皮膚炎が挙げられる。

ケトプロフェン貼付剤による光接触皮膚炎は、薬剤を貼付した部位と、紫外線の暴露が重なった部位にのみ現れ、衣服などで遮光された部位には生じない。

 

*症状

初期に、発疹、発赤、紅斑、そう痒感、刺激感など。

重症化すると水疱やびらん形成がみられる。

 

*特徴

・紫外線量の多くなる夏季(5〜8月)に発現頻度が高い。

・発症者の年代分布では10代以下が多く全体の約25%を占めるが、体育の授業や部活動などで屋外活動が多いためと考えられる。

 

*予防法

ケトプロフェン貼付剤の使用中および使用後(少なくとも4週間)は、貼付部位をサポーターや衣服で覆い、紫外線を当てないようにする。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。