薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

DMARDsの分類

 

DMARDsとは疾患修飾抗リウマチ薬(disease modifying antirheumatic drugs)の略。

単純に抗リウマチ薬と呼ばれることが多い。

免疫異常を修飾することによって、関節リウマチの病態をコントロールする。

DMARDsは、免疫抑制薬、免疫調節薬、生物学的製剤の3つに分類される。

 

*免疫抑制薬

体内で過剰に活性している免疫反応を抑える。免疫活動全体を抑えるため、感染症リスクが上がる。

・メトトレキサート
・レフルノミド
・ミゾリビン
・アザチオプリン
・タクロリムス
・シクロホスファミド

【JAK阻害薬】
・トファシチニブ
・バリシチニブ
・ペフィシチニブ
・ウパダシチニブ

 

*免疫調節薬

亢進しすぎている免疫を抑制したり、低下している免疫を賦活化する働きを持つ。

・サラゾスルファピリジン
・D-ペニシラミン
・ブシラミン
・ロベンザリット
・アクタリット
・イグラチモド

【金製剤】
・オーラノフィン
・金チオリンゴ酸ナトリウム

 

*生物学的製剤

生物細胞によって生成されたタンパク質(抗体・受容体)製剤。経口投与できないため、皮下注射で投与する。

【抗体製剤】
・トリシズマブ
・インフリキシマブ

【受容体製剤】
・エタネルセプト
・アパタセプト
・アバタセプト

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。