薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

ケアラム錠/コルベット錠の特徴

 

ケアラム錠およびコルベット錠は、抗リウマチ薬(疾患修飾性抗抗リウマチ薬:DMARDs)。

DMARDsの中でも免疫調節薬に分類される。

以下、まとめ。

 

*一般名

イグラチモド

 

*用法・用量

通常、成人にはイグラチモドとして、1回25mgを1日1回朝食後に4週間以上経口投与し、それ以降、1回25mgを1日2回(朝食後、夕食後)に増量する。

 

*特徴

・マクロファージや滑膜細胞によるTNF-α、IL-6などの炎症性サイトカインの産生とB細胞によるIgG抗体、IgM抗体の産生を抑制することで、抗炎症作用をもたらし抗リウマチ作用を発揮する。

・サラゾスルファピリジンと同等の有効性と同程度の容認性を示す。

・メトトレキサート単独で効果不十分例に併用した場合に、治療効果の向上が確認されている。

・免疫抑制作用はほとんどないため、感染症のリスクは低い。

 

*注意点

・海外の臨床試験において、高容量での服用で致命的な汎血球減少症が認められている。

・肝機能検査値異常の頻度はサラゾスルファピリジンより高いことが示唆されているが、一過性であることが多い(重篤な肝障害患者には禁忌)。

・服用中は定期的な肝機能検査を行う必要がある。

・消化性潰瘍の副作用を引き起こすことがあり、消化性潰瘍のある患者には禁忌

・機序は不明だが、ワルファリンの作用を増強させるため併用禁忌。

・動物実験で催奇形性が確認されているため、妊婦への投与禁忌。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。