薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

LESを弛緩させる薬剤

 

胃食道逆流症(GERD)の原因の一つとして、下部食道括約筋(Low Esohageal Sphincter : LES)の弛緩がある。

LESは、収縮することで胃内容物が食道に逆流しないように働いているため、LESが弛緩するとGERDのリスクが高まる。

 

薬剤がLESを弛緩させてしまうこともあるため、胸焼けを訴えたり、GERD治療中の患者ではそのような薬剤を服用していないか注意が必要。

 

*LESを弛緩させる薬剤

・カルシウム拮抗薬
・亜硝酸薬

これらの薬剤は、血管平滑筋弛緩作用を持つが、LESに対しても弛緩作用を発揮する。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。