薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

ネイリンの特徴

 

ネイリンは、2018年に約20年ぶりに発売された経口爪白癬治療薬。

以下、まとめ。

 

*一般名

ホスラブコナゾール L-リシンエタノール付加物

 

*規格

カプセル 100mg のみ

 

*適応症

皮膚糸状菌(トリコフィトン属)による爪白癬

 

*用法

通常、成人には1日1回1カプセル(ラブコナゾールとして100mg)を12週間経口投与する。

 

*特徴

・トリアゾール系抗真菌薬。

・真菌の細胞膜を構成するエルゴステロールの生合成を阻害する。

・吸収されたホスラブコナゾール L-リシンエタノール付加物は、体内で速やかに代謝活性のラブコナゾールに変換される(プロドラック)。

・1日1回1カプセル服用を12週間継続する(休薬期間なし)。

・水溶性が高いため、吸収は食事の影響を受けない。

・テルビナフィンよりも肝障害のリスクが低く、重篤な肝障害の注意喚起はない。

・主にグルクロン酸抱合により代謝される。

・CYP3A4阻害作用は弱い(併用禁忌なし)。

 

*注意点

・適応は爪白癬のみで、足白癬には適応されない。

・主な副作用は、肝機能障害と腹部不快感などの消化管障害。

・肝機能障害を有する患者には慎重投与。

・CPY3A4阻害作用により、シンバスタチン、ミタゾラムの血中濃度を上げてしまうため併用注意。

・ワーファリンのPT-INR上昇が報告されているため併用注意(アゾール系抗真菌薬共通)。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。