薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

サインバルタの鎮痛効果

 

抗うつ剤であるサインバルタ(デュロキセチン塩酸塩)は、鎮痛効果も認められている。

現在、糖尿病性神経障害、線維筋痛症、慢性腰痛症、変形性関節症による疼痛に適応をもつ。

 

*鎮痛作用の機序

痛みを抑制する神経に「下行性疼痛抑制系神経」がある。

この下行性疼痛抑制系神経では、脊髄のシナプスにおいてセロトニンとノルアドレナリンにより伝達され、脊髄から脳への痛みの伝達を抑制する。

デュロキセチンは、セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害することにより、下行性疼痛抑制系を賦活化し、鎮痛効果を発揮すると考えられている。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。