薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

アレサガテープの特徴

 

アレサガテープは、国内初の経皮吸収型アレルギー性鼻炎治療薬。

有効成分は、エメダスチンフマル酸塩。

 

*規格

4mg/8mg

 

*適応症

アレルギー性鼻炎

 

*特徴

・有効成分のエメダスチンフマル酸塩は、第2世代の抗ヒスタミン薬で、レミカットと同一成分。

・適応はアレルギー性鼻炎のみ。

・腰に貼るとCmax、AUCが低下する。

・主に肝臓で代謝されるため、腎機能低下患者にも使用しやすい。

・ザイザル(レボセチリジン)内服よりも傾眠の頻度は高い。自動車の運転等危険を伴う機械の操作には従事させないよう十分注意すること。

 

*テープ剤としてのメリット

・嚥下困難者に対して他者による投与が簡単。

・コンプライアンスの可視化がしやすい。

・消化器系の副作用が少ない。

・副作用出現時には剥がすことで投与の中止が即座にできる。

 

*用法・用量

通常、成人にはエメダスチンフマル酸塩として1回4mgを胸部、上腕部、背部又は腹部のいずれかに貼付し、24時間毎に貼り替える。なお、症状に応じて1回8mgに増量できる。

 

*剥がれてしまったら

貼付中に剥がれてしまった場合は、直ちに新たな本剤を貼付する。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。