薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

オーグメンチンとサワシリンの併用(オグサワ処方)

 

オーグメンチンとサワシリンの併用処方を、「オグサワ処方」と呼ぶ。

 

*オーグメンチン配合錠とは?

オーグメンチン配合錠250RSには、1錠あたりアモキシシリン250mgとクラブラン酸カリウム125mgが含有されている。

クラブラン酸カリウムは、βラクタマーゼを阻害することで、βラクタム系抗生物質に対する耐性を抑制する働きがある。

オーグメンチンは、アモキシシリン単独では効果が得られにくいβラクタマーゼ産生菌に対して開発された薬剤。

 

*併用する理由

アモキシシリンの服用量は、通常750mg〜1000mg/dayとなっているが、感染症治療ガイドラインにおいて、インフルエンザ菌や肺炎球菌に対しては1500mg〜2000mg/dayが推奨されている。

このアモキシシリンの用量をオーグメンチンで投与しようとすると、1日6錠〜8錠投与する必要がある。

しかし、この量でオーグメンチンを服用すると、クラブラン酸カリウムの用量が過剰になってしまい、吐き気や下痢の副作用が出やすくなってしまう。

それを回避する目的で、アモキシシリン、クラブラン酸カリウム共に適量となるように、オーグメンチンとサワシリンを併用することがある。

 

*オーグメンチンとサワシリンの割合は?

アモキシシリンとクラブラン酸カリウムの理想的な割合は4:1と考えられている(エビデンス不明)。

 ⇒ オーグメンチン配合錠250RS 3錠 分3 + サワシリンカプセル250mg 3Cp 分3 が妥当といえる。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。