薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

白色ワセリンとプロペトの違い

 

ワセリン系の保湿剤や外用薬の基剤として白色ワセリンとプロペトが汎用されている。

両者は同じ原材料(石油)から精製され、精製度の違いにより分類されている。

 

*白色ワセリン

石油から精製される保湿剤。品質は日本薬局方により規定されている。

硫黄などの不純物を含み、それらが皮膚や粘膜に刺激を与える場合があるため、アトピー性皮膚炎や敏感肌の患者、目の周りの塗布には不適。

 

*プロペト

白色ワセリンの精製度を高めたもの。眼内に入れてもほとんど刺激にならないぐらい精製度が高い。

眼科用ワセリンとして眼軟膏の基剤としても使用されている。

 

*その他のワセリン

黄色ワセリン・・・安価だが白色ワセリンよりも純度が低く、刺激が強いためほとんど使われていない。

サンホワイト・・・プロペトよりもさらに精製度を高めたもの。OTCのみで販売されており、保険適応外。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。