薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

ミノサイクリンの神経保護作用

 

ミノサイクリン(ミノマイシン)はテトラサイクリン系の抗菌薬だが、抗菌作用の他にもいくつか作用を併せ持つことが報告されており、しばしば感染症以外にも投与される。

特に神経保護作用に関する研究が進んでおり、今後、神経変性疾患の治療への活用が期待されている。

 

*抗菌作用以外の作用

・抗炎症作用

・神経保護作用

・免疫抑制作用 など

 

*治療効果

以下の疾患に対する有効性が示唆されている。

・関節リウマチ

・多発性硬化症

・筋萎縮性側索硬化症

・パーキンソン病

・ハンチントン病

・統合失調症(抗精神病薬との併用)

・神経障害性疼痛

・脳梗塞後の予後改善

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。