薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

ピロリ菌の除菌治療における注意点

 

ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌療法における、薬剤服用時にはいくつか注意点がある。

 

*レジメン

一次除菌

アモキシシリン(1500mg)/クラリスロマイシン(400mg又は800mg)/ PPI   1日2回  7日間

二次除菌

アモキシシリン(1500mg)/メトロニダゾール(500mg)/ PPI   1日2回  7日間

 

*一次除菌における注意点

・しっかり7日間連続で服用できる日から服用を開始する。

・ペニシリンアレルギーの既往がある場合はアモキシシシリン禁忌(ペニシリンアレルギー患者用のレジメンあり)。

・クラリスロマイシンによる併用禁忌薬、相互作用に注意。

・高頻度で下痢の副作用が現れるが、症状の軽い下痢や軟便程度なら中止せずに継続服用。

・激しい下痢、潜血便、発熱、発疹がみられる場合は服用を中止して医療機関に連絡する。

・アルコールの摂取や喫煙は除菌率の低下に繋がるため、なるべく控える。

 

*二次除菌における注意点

基本的には一次除菌と注意点は同様。

ただし、メトロニダゾール服用中にアルコールを摂取すると、悪心・嘔吐などの症状が現れるため、二次除菌ではアルコールは厳禁。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。