薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

[新薬]ピフェルトロ錠

 

*一般名

ドラビリン

 

*規格

100mg のみ

 

*適応症

HIV-1感染症

 

*特徴

・アロステリック効果によりHIV逆転写酵素活性を阻害する、非核酸系逆転写酵素阻害剤(NNRTI)。

・遺伝子変異による耐性ウイルス(K103N変異株 / Y181C変異株)に対しても効果を示すことが示唆されている。

・1日1回服用で、食事の有無によらず、どの時間にでも服用できる。

・通常は、核酸系逆転写酵素(NRTI)× 2剤と併用する。

 

*作用機序

HIV-1逆転写酵素を非競合的に阻害することにより、RNAからDNAへの転写を阻害し、HIV-1の複製を阻害する。

 

*注意点

・CYP3A4により代謝されるため、CYP3A4を誘導する薬剤との併用は禁忌。

・HIV-2感染症に対する使用は承認されていない(効果なし)。

・他の抗HIV薬と併用しなければならない。

 

*用法・用量

通常、成人にはドラビリンとして100mgを1日1回経口投与する。

本剤は、食事の有無にかかわらず投与できる。投与に際しては、必ず他の抗HIV薬と併用すること。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。