薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

ピロリ菌検査に影響を与える薬剤

 

ピロリ菌感染の診断に用いられる尿素呼気試験、迅速ウレアーゼ試験などのウレアーゼ活性を利用した検査の結果は、薬剤に影響を受けることがある。

以下の薬剤を服用中の患者は、少なくとも2週間前に服用を中止し、試験を実施する必要がある。

なお、抗体測定法には影響しない。

 

*偽陰性にする可能性がある薬剤

・PPI
・P-CAB
・抗生物質
・アルサルミン
・ガストローム
・ウルグート
・ソロン
・ビスマス製剤

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。