薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

インスリンとブドウ糖の併用

 

お薬手帳を確認していると、入院中にインスリン静注とブドウ糖静注が投与されてた記録を目にすることがある。

この処方はGI療法と呼ばれ、高カリウム血症に対して行われる。

 

インスリンブドウ糖を細胞内に取り込む時に、カリウムも一緒に細胞内に取り込むため、血中カリウム濃度が低下する。

インスリン単独投与では低血糖のリスクがあるため、必ずブドウ糖を併用する。

 

*投与例

・速効性インスリン5単位+50%ブドウ糖50mlを点滴静注
ブドウ糖3〜4gに対し1単位のインスリンを点滴静注

入院中における点滴静注での投与が原則。自己注射インスリン製剤でのGI療法の有効性・安全性は不明。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。