薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

軟膏・クリームの使用量(1FTUについて)

 

軟膏やクリームは、使用量が少なすぎると十分な効果が得られず治療期間の延長を来たすことがあり、逆に多すぎると副作用のリスクが高まるため、適切な使用量の指導が重要。

使用量の目安として、1FTU(Finger Tip Unit)という単位が使用されることが多い。

 

*1FTUとは?

1FTUとは、人差し指の先端から第一関節までチューブから出した量のことで、25gチューブや50gチューブの口径が大きい場合、約0.5gであるとされています。

この1FTUで、手のひら2枚分の面積に塗布するのに適した量とされている。

 

*5gチューブや10gチューブでは異なる

口径の小さい5gチューブや10gチューブでは、1FTUが約0.25gであるため、この量で手のひら1枚分の面積に相当する。

 

*軟膏壺に入っている場合は?

人差し指の先端から第一関節の半分までの長さをすくった量が約0.5gとされている。

ヒルドイドクリーム、ヒルドイドソフト軟膏の100g瓶製剤では、1FTU及び3FTUを量り取れる専用の計量スプーンが提供されている。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。