薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

認知症と物忘れの違い

 

患者さんから「もしかしたら認知症かも知れない」と相談されることがまれにある。

一般的に、認知症の場合は忘れていた事実も忘れているため、最近物忘れが多いから自分は認知症かもしれないと、認識している場合は認知症ではないことがほとんど。

 

単なる物忘れと認知症には以下のような違いがある。

 

【物忘れと認知症の具体的な違い】

「夕食に何を食べたのかを思い出せない」のは「物忘れ」
「食事した事実を思い出せない」のが「認知症

「買い物に出かけて、何を買うのかを忘れる」のは「物忘れ」
「買い物に出かけて、途中で外出した理由を忘れる」のが「認知症

 

認知症を疑う例

・同じ話を短時間で何度もする。
・支払い時の金額計算ができない。
・時間や場所がわからなくなる。
・自分の物やお金を取られたと勘違いする。

 

 

 ※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。