薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

保湿剤を使用するタイミング

 

入浴すると肌から水分が吸収され、角質中の水分量が増加するが、入浴後10分経過すれば入浴前の水分量と同程度まで戻ることから、保湿剤は入浴後10分以内に使用すると効果的であるとの意見がある。

 

しかし、入浴直後に保湿剤を使用した場合と、一定時間後に塗布した場合の角質中水分量を比較した複数の研究では、いずれにおいても大きな差はみられなかった。これは保湿剤の種類が異なる研究でも同じような結果となっている。

 

このことから、入浴で吸収した水分を逃がさないことよりも、24時間を通して皮膚から蒸発する水分量を抑える方が重要であるといえる。

 

入浴直後に使用するメリットとしては、皮膚が清潔な状態で使用できること、入浴直後に使用すると決めておくことで使用忘れを防げることなどが挙げられるが、入浴直後に使用しなければ効果が得られないと誤解を与えることもあるため、説明には注意が必要。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。