薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

ホクナリンテープ後発品の注意点

 

ホクナリンテープと後発品のツロブテロールテープでは薬剤含有層の構造が異なるため、薬剤の浸透に差が生じる可能性がある。

 

*薬剤含有層の構造

ホクナリンテープ・・・マトリックス型
後発品・・・リザーバー型

 

*構造の違いによる影響

正常の肌では浸透性は同等とされている。

しかし、アトピー性皮膚炎などの肌の弱い患者では、先発品と比べて後発品での浸透性が上昇する傾向にある。

また、先発品と比べて剥がれやすい後発品もあるので注意が必要。

 

*剥がれてしまったら

一度剥がれてしまったら、粘着面に皮脂などが付着し十分な効果が得られないため新しいものを使用する。

しかし、12時間以上貼付していた場合は十分量の薬剤が浸透しているため再貼付は不要。

3時間後、6時間後、9時間後、12時間後のいずれの時点で再貼付しても、最高血中濃度は経口投与した場合よりも高くなることはない。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。