薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

GERDとNERDと逆流性食道炎

 

GERD(胃食道逆流症)とは、「胃内容物の逆流により臨床症状や合併症を生じた病態の総称」と定義されている。

自覚症状としては、胸焼け、胸痛、喉の不快感、呑酸、咳、睡眠障害など。空腹時や夜間の胸焼けが特徴的。

 

GERDは、主に下部食道に粘膜障害を認める「逆流性食道炎」と逆流症状を有するが粘膜障害のみられない「NERD(非びらん性胃食道逆流症)」に分類される。

 

  GERD = 逆流性食道炎 + NERD

 

日本人のGERDの70%は、粘膜障害のみられないNERDと考えられている。

 

*鑑別検査

逆流性食道炎とNERDの鑑別検査は、内視鏡で粘膜障害の有無を観察して行う。

 

*治療薬

逆流性食道炎、NERDともに治療薬は同じ。

胃酸分泌抑制薬や制酸剤、アルギン酸塩などを使用する。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。