薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

[新薬]ラスビック錠

 

*一般名

ラスクフロキサシン塩酸塩錠

*規格

75mg

 

*特徴

・ニューキノロン系抗菌薬。

・既存のニューキノロン系抗菌薬に比べて、呼吸器及び耳鼻咽喉科組織への移行が良好なため、低用量でも感染組織における有効な薬剤濃度を維持し、高い治療効果を示すとされている。
   ⇒ 適応症を呼吸器・耳鼻咽喉科領域に絞ることで濫用・耐性化を防ぐ狙いがある。 

・主にCYP3A4により代謝され、CYP3A4及びCYP2C8に対し阻害作用を示す。

・未変化体の腎からの排出はほとんどないため、腎機能障害時でも用量調節が不要。

・既存のニューキノロン系と同様、アルミニウム、マグネシウム、カルシウム、鉄、亜鉛を含有する製剤とは難溶性のキレートを形成し吸収率が低下する

 

*適応菌種
本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、クレブシエラ属、エンテロバクター属、インフルエンザ菌、レジオネラ・ニューモフィラ、プレボテラ属、肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニエ)
 

*適応症
咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、中耳炎、副鼻腔炎

 

*用法・用量

通常、成人には、ラスクフロキサシンとして1回75mgを1日1回経口投与する。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。