薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

アルドステロン・ブレイクスルー

 

レニン・アンジオテンシン系を阻害するARBやACE阻害薬を服用しているにも関わらず、何らかの理由でアルドステロンが増えてしまうことがある。これをアルドステロン・ブレイクスルーという。

服用開始の約1ヶ月後から、10〜50%の割合でみられる。

 

*メカニズム

アルドステロン・ブレイクスルーが起こるメカニズムは明確ではない。

 

*対処法

セララ(エプレレノン)やアルダクトンA(スピロノラクトン)を服用することにより、アルドステロン・ブレイクスルーを抑えることができることが報告されている。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。