薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

薬物乱用頭痛

 

慢性片頭痛の約半数は、頭痛薬の飲み過ぎによる「薬物乱用頭痛」といわれている。

以下のような特徴があれば、薬物乱用頭痛を疑う。

 

*薬物乱用頭痛の特徴

・月に15日以上頭痛がある。
・頭痛薬を月に10日以上服用している。
・朝起きた時から頭痛がある。
・以前はよく効いていた薬が効かなくなった。

 

*薬物乱用頭痛にならないために

・頭痛薬の使用は月に10回までに留める。
・NSAIDsなどを頭痛の予防的に使用しない。
・複数の鎮痛成分を併用しない(市販の2種以上の鎮痛成分が配合されているものに注意)。

 

一般的にトリプタン製剤は、NSAIDsやエルゴタミン製剤と比べて、より少ない服用回数で薬物乱用頭痛になりやすので使い過ぎに注意。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。