薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

心房細動におけるレートコントロールとリズムコントロール

 

レートコントロール・・・心房細動はそのままの状態で、心拍数を減らすように制御すること。

リズムコントロール・・・心房細動を停止させて、リズムそのものを制御すること。

 

*治療法

レートコントロール・・・ジギタリス製剤、ベラパミル、βブロッカー

リズムコントロール・・・抗不整脈薬、電気ショック、アブレーション

 

*有効性の違い

基本的には、レートコントロールかリズムコントロールのどちらか一方を選択する。

レートコントロール、リズムコントロールでは死亡率や心血管イベントの発生に有意差はなし。

 

*まとめ

薬物治療を行う場合は、副作用の多い抗不整脈を投与するより、レートコントロール薬を選択する方がベター。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。