薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

ムコダインとムコソルバンとビソルボン

 

*一般名

ムコダイン:L-カルボシステイン

ムコソルバン:アンブロキソール

ビソルボン:ブロムへキシン

 

*作用の仕方

ムコダイン・・・気道粘液の「シアル酸」と「フコース」の割合を整えて、痰や鼻水の粘度を低下させて排出しやすくする。また、気道粘液自体の分泌抑制作用もあり。

ムコソルバン・・・肺から「肺サーファクタント(表面化性物質)」の分泌を増やし、痰や鼻水の排出を促進する。

ブロムへキシン・・・気道粘液を溶解・低分子化する作用により、痰や鼻水の排出を促進する。

いずれも気道粘膜の線毛運動を促進する作用を併せ持っている

 

*併用について

3剤とも去痰という目的は同じだが、それぞれ作用のアプローチの仕方が異なるため、併用することでより強力な効果が期待できる。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。