薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

頭痛の種類と特徴

 

片頭痛と緊張型頭痛と群発頭痛の違いについて、以下まとめ。

 

*頻度

片頭痛・・・週2〜4回(慢性:週8回、鎮痛薬を月10回以上服用)

緊張型頭痛・・・月15回未満(慢性:毎日のように)

群発頭痛・・・1〜2ヶ月に集中してほぼ毎日、群発的に起こる

 

*痛みの長さ

片頭痛・・・4〜72時間

緊張型頭痛・・・30分〜7日間

群発頭痛・・・15分〜3時間

 

*痛みの部位

片頭痛・・・頭の片側に起こることが多い

緊張型頭痛・・・頭の両側か全体、後頭部

群発頭痛・・・必ず頭の片側

 

*痛みの種類

片頭痛・・・ズキンズキンと脈を打つような痛み

緊張型頭痛・・・ギューと締め付けられるような痛み

群発頭痛・・・目の奥がえぐられるような激痛

 

*痛みの強さ

片頭痛・・・時々寝込むほど痛くなる

緊張型頭痛・・・仕事や家事ができないほどの痛みではない

群発頭痛・・・耐え難い痛み

 

*動くと痛みは

片頭痛・・・悪化する

緊張型頭痛・・・楽になる

群発頭痛・・・楽になる(痛くてじっとしていられない)

 

*痛み以外の症状

片頭痛・・・吐き気や嘔吐、光や音・臭いに敏感になる

緊張型頭痛・・・吐き気(吐くことはない)、肩こり、めまい

群発頭痛・・・目の充血や涙、鼻水

 

*前兆症状

片頭痛・・・ギザギザした光が見えたり、視野の半分が見えにくくなることがある

緊張型頭痛・・・なし

群発頭痛・・・なし

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。