薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

インフルエンザに薬物治療は必要か

 

一部の医療関係者では、「インフルエンザの薬物治療は、高齢者とハイリスク者のみにおいて必要であり、それ以外の患者は自宅で安静にしていれば良い」との意見がある。

しかし、以下の理由により早期診断、早期からの薬物治療の推奨がガイドラインに明記されている。

 

【薬物治療が推奨される理由】

・日本においては、症状緩和の目的で軽症の外来患者から投与され、その結果として重症化や入院治療の抑制に繋がっていると考えられているため。

・発症早期に重症化するかどうかの判断は困難なため。

 

*ハイリスク者

以下のハイリスク者では、重症な肺炎などを併発するリスクが高いため、積極的に薬物治療や予防接種を行う。

・65歳以上
・慢性呼吸器疾患
・慢性心不全
・腎機能障害
・免疫不全患者

オセルタミビル(タミフル)においては、肺炎の進行を抑制し、発症から48時間以降の投与であっても肺炎による死亡率を抑制する報告があるため、発症後48時間を超えても投与を検討することとされている。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。