薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

SSRIとSNRI

 

SSRI

・パロキセチン(パキシル)
・セルトラリン(ジェイゾロフト)
・エスシタロプラム(レクサプロ)
・フルボキサミン(デプロメール/ルボックス)

 

SNRI

・ミルナシプラン(トレドミン)
・デュロキセチン(サインバルタ)
・ベンラファキシン(イフェクサー)

 

*効果の違い

SSRIとSNRIとでは、うつの治療効果に大きな差はない。

SNRIには、ノルアドレナリン増強作用があるので意欲や関心の低下にも効果がある。

 ⇒ 不安や焦燥感が強ければSSRI、意欲・関心の低下が強ければSNRIが適する。

 

*副作用の違い

セロトニンは消化管に関与しているため、どちらにも吐き気や下痢などの副作用あり。

SNRIには、交換神経を亢進する作用があるため心機能や血圧、前立腺への影響や不眠の副作用が出やすい。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。