薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

ヒドロクロロチアジドによる閉塞隅角緑内障

 

ヒドロクロロチアジド(フルイトラン)の服用で、閉塞隅角緑内障が起こることがある。

 

明確な発現機序は不明。

アレルギー反応による毛様体の浮腫が関与していると考えられている。

 

*事例

近視の既往がない21歳女性

足の浮腫に対してヒドロクロロチアジドを投与後、一過性の近視が発現。

ヒドロクロロチアジドを中止し、クロルフェニラミンを3日間投与後改善した。

 

*まとめ

ヒドロクロロチアジド含有薬剤を投与後は、目の違和感や物の見え方がいつもと異なるなどの症状があれば受診を勧告する。合剤にも注意。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。