薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

インスリン製剤の種類(プレフィルド製剤)

 

超速効型・・・ノボラピッド、ヒューマログ、アピドラ

速効型・・・・ノボリンR、ヒューマリンR

中間型・・・・ノボリンN、ヒューマリンN

持続型・・・・トレシーバ、レベミル、インスリングラルギンBS、ランタスランタスXR

混合型・・・・ノボラピッド30/50/70ミックス、ノボリン30R、イノレット30R、ライゾデグ、ヒューマリン3/7

 

*用法の違い

超速効型 ⇒ 食直前

速効型 ⇒ 食前

中間型 ⇒ 朝食前(追加使用可能)

持続型 ⇒ 1日1回

混合型 ⇒ 食前または食直前(配合されているのが超速効型か速効型かで異なる)

 

中間型と混合型は、懸濁性製剤のため使用前によく振ってから使用する(ライゾデグは非懸濁性のため振る必要はなし)。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。