薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

認知症治療薬まとめ

 

現在の認知症の治療薬は、以下の4種類のみ。

・ドネペジル(アリセプト)

・ガランタミン(レミニール)

・リバスチグミン(イクセロン/リバスタッチ)

・メマンチン(メマリー)

 

*適応の違い

ドネペジル:アルツハイマー型(軽度〜高度)、レビー小体型

ガランタミン:軽度〜中程度のアルツハイマー型

リバスチグミン:軽度〜中程度のアルツハイマー型

メマンチン:中程度〜高度のアルツハイマー型

 

*効果の差

効果に大差はなし。

いずれも劇的な改善ではなく、症状の進行を遅らせるに留まる。

メマンチンには、周辺症状の興奮や攻撃性を抑える作用あり。

 

*作用機序の違い

ドネペジル、ガランタミン、リバスチグミン ⇒ コリンエステラーゼ阻害

メマンチン ⇒ グルタミン酸NMDAR拮抗

 

*併用について

作用機序の異なる薬剤の併用は可。

ドネペジルとメマンチンの併用により認知機能、ADL、全般評価、行動の改善が報告されている。

 

*代謝の違い

ドネペジル、ガランタミン ⇒ 肝代謝

リバスチグミン、メマンチン ⇒ 腎排泄

 

*主な副作用

コリンエステラーぜ阻害薬

 ⇒ 食欲不振、悪心、嘔吐、下痢などの消化器症状

メマンチン

 ⇒ 浮動性めまい、眠気、便秘、頭痛、体重減少

     また、頻度は低いが痙攣(1%未満)があるので、てんかんの既往がある人には注意。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。