薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

ワーファリン服用中の抗菌薬投与

 

抗菌薬を服用すると、腸内のビタミンK産生菌が減少し、ワーファリンの効果が増強されると考えられる。

 

実際に、ワーファリン服用中の患者が抗菌薬を傾向服用すると、PTーINRが5.0以上に上昇するリスクは、平均で2.46倍になったとの報告がある。

中でもニューキノロン系やマクロライド系、メトロダームの併用で有意に上昇がみられたが、ペニシリン系やセフェム系では有意差はなかったとのこと。

 

しかし、そもそも感染症自体がPTーINR上昇のリスク要因であり、上気道感染症では健常時と比べ、PTーINRが5.0以上に上昇するリスクは2.12倍になったとの報告もある。

⇒ 感染症という状態そのものがワーファリンの効果を不安定にする要因である。

 

*まとめ

トータルにみると、抗菌薬の影響は少なく、短期間の使用でワーファリンを減量することは、むしろ血栓症のリスクを高めてしまうことに繋がる。

ただし、高齢者などの腎機能が低下している場合では、抗菌薬とワーファリンの併用には注意が必要。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。