薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

抗精神病薬

うつ病に関与する脳内モノアミン

うつ病に関与していると考えられている脳内モノアミンは以下の3つ。 ①セロトニン・・・不安や落ち込みに関与 ②ドパミン・・・興奮や楽しみの減退に関与 ③ノルアドレナリン・・・意欲や気力の低下に関与 うつ病の薬物治療においては、これら3つのモノアミン活…

抗精神病薬による血糖値の上昇作用

以下の非定型抗精神病薬には血糖値上昇作用があり、糖尿病患者に対して禁忌や慎重投与となっている。 【禁忌】 ・オランザピン(ジプレキサ)・クエチアピン(セロクエル) 【原則禁忌】 ・クロザピン(クロザリル) 【慎重投与】 ・リスパダール(リスペリ…

[新薬]ロナセンテープ

*一般名 ブロナンセリン *特徴 ・世界初の抗精神病薬の経皮吸収型製剤。 ・ドパミンD2、D3受容体およびセロトニン5-HT2A受容体のアンタゴニスト(SDA)。 ・20mg、30mg、40mgの規格があり、効果は用量依存性を示すエビデンスがある(抗精神病薬では稀)。 …