薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

鉄剤の違い

処方頻度が高い鉄剤、フェロミアとフェロ・グラデュメットの比較まとめ。 *一般名 フェロミア・・・クエン酸酸第一鉄(無機鉄) フェロ・グラデュメット・・・硫酸鉄(有機鉄) *作用 作用はどちらも鉄として吸収され、ヘモグロビンの生合成に利用される。…

カルシウムを多く含む生薬

以下の生薬はカルシウムを主成分とするため、一部のニューキノロン系抗菌薬などの多量のカルシウムが効果に影響する薬との併用は、2時間以上服用間隔を空けるなどの注意が必要。 *カルシウムを主成分とする生薬 ・牡蠣・竜骨・石膏 *カルシウムと併用が注…

潰瘍性大腸炎に対するコレスチラミンの有効性

潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患(IBD)に対する、コレスチラミンの有効性が示唆されている。 *作用機序 胆汁酸が多量に存在する回腸では、炎症性サイトカインの産生や酸化ストレスが高まり、炎症反応を促進することが示唆されている。 そのた…

下肢静脈瘤に対する利尿剤の効果

利尿剤は体内の水分を尿として排出する作用があるため、足のむくみに対して処方されることがある。 しかし、下肢静脈瘤や静脈還流障害などによる浮腫に対する長期的な効果は期待できない。 *利尿剤の長期的な効果が期待できない理由 利尿剤により血流量が減…

ポラキス錠とネオキシテープ

ポラキス錠とネオキシテープの有効成分はどちらもオキシブチニン塩酸塩。 膀胱平滑筋のムスカリン受容体を拮抗的に阻害することで、過活動膀胱の症状を改善する。 ポラキス錠で問題となる副作用の軽減を目的に、ネオキシテープが開発された。 *副作用の頻度…

腎機能低下と骨粗鬆症

以前は透析を受けている骨粗鬆症患者に対して、ビスホスホネート系製剤やSERM、RANLK阻害剤などの骨吸収抑制薬の使用は推奨されていなかったが、近年では、骨吸収抑制薬は骨量を増加させ、骨からのリンの遊離を抑制することから、投与が推奨されている。 *…

ドライアイと治療薬

ドライアイ(乾性角結膜炎、涙液減少症)とは、様々な原因により涙液層の安定性が低下する疾患であり、眼不快感や視機能異常を生じる。また、眼表面(角結膜)の障害を伴うことがある。 涙液層は、外側から①油層②液層③ムチン層の3層構造からなり、ムチン層の…

ベンゾジアゼピン系の精神的依存と身体的依存

ベンゾジアゼピン系の服用において、精神的依存と身体的依存が認められる。 一般的に半減期の短い薬剤で依存を形成しやすい。 長期間の服用がハイリスク要因と考えられているが、近年では2〜4週間で依存が形成されるとする報告もある。 精神的依存症状:薬が…

[新薬]テプミトコ錠

*一般名 テポチニブ塩酸塩水和物 *規格 250mg のみ *適応症 MET遺伝子エクソン14スキッピング変異陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌 *用法・用量 通常、成人にはテポチニブ塩酸塩水和物として1回500mgを1日1回食後に経口投与する。なお、患者の…

アトピー性皮膚炎に有効な漢方薬

アトピー性皮膚炎に対して有効な漢方処方として、以下の2処方が挙げられる。 どちらも、重盲検無作為化比較試験において有効性が示唆されている。 【アトピー性皮膚炎に有効な漢方処方】 ・消風散 ・補中益気湯 それぞれ、以下のような症例に対して有効性が…

[新薬]カボメティクス錠

*一般名 カボザンチニブ リンゴ酸塩 *規格 20mg / 60mg *適応症 根治切除不能又は転移性の腎細胞癌 *用法・用量 通常、成人にはカボザンチニブとして1日1回60mgを空腹時に経口投与する。 なお、患者の状態により適宜減量する。 *特徴 ・VEGFR2、MET、A…

[新薬]キャブピリン配合錠

*一般名 アスピリン/ボノプラザンフマル酸塩 *適応症 下記疾患又は術後における血栓・塞栓形成の抑制(胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の既往がある患者に限る)・狭心症(慢性安定狭心症、不安定狭心症)、心筋梗塞、虚血性脳血管障害(一過性脳虚血発作(TIA)…

バイオAGとは(バイオシミラーとの違い)

バイオAG(オーソライズド・ジェネリック)とは、先行バイオ医薬品と同様の方法により製造される後発バイオ医薬品。 バイオシミラーと区別して、バイオセイムとも呼ばれる。 *バイオシミラーとの違い バイオシミラーは、先行バイオ医薬品の“類似”のものと承…

[新薬]ロケルマ懸濁用散

*一般名 ジルコニウムシクロケイ酸ナトリウム水和物 *規格 分包5g / 分包10g *適応症 高カリウム血症 *用法・用量 通常、成人には、開始用量として1回10gを水で懸濁して1日3回、2日間経口投与する。なお、血清カリウム値や患者の状態に応じて、最長3日…

[新薬]メラトベル顆粒小児用

*一般名 メラトニン *規格 0.2% のみ *適応症 小児期の神経発達症に伴う入眠困難の改善 *用法・用量 通常、小児にはメラトニンとして1日1回1mgを就寝前に経口投与する。なお、症状により適宜増減するが、1日1回4mgを超えないこと。 *特徴 ・小児期の発…

[新薬]バクスミー点鼻粉末剤

*一般名 グルカゴン *規格 3mg のみ *適応症 低血糖時の救急処置 *用法・用量 通常、グルカゴンとして1回3mgを鼻腔内に投与する。 *特徴 ・初のグルカゴン点鼻製剤で、1回1本使い切り。 ・肝臓のグルカゴン受容体に結合し、肝臓に蓄積されたグリコーゲ…

[新薬]ラツーダ錠

*一般名 ルラシドン塩酸塩 *規格 20mg / 40mg / 60mg / 80mg *適応症 ・統合失調症・双極性障害におけるうつ症状の改善 *用法用量 統合失調症通常、成人にはルラシドン塩酸塩として40mgを1日1回食後経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する…

ヒルドイドの鎮痛効果

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)は代表的な保湿剤だが、しばしば鎮痛作用を期待して処方されることがある。 中でもヒルドイドゲルは、保湿として使用されるのは稀で、疼痛や炎症に対しての処方がメインとなっている。 ヒルドイドゲルの適応症 血栓性静脈炎、…

NSAIDsによる自由水クリアランスの低下

NSAIDsの服用により電解質異常が引き起こされることがある。 その理由としては、腎機能の低下の他に自由水クリアランスの低下が示唆されている。 *自由水クリアランスとは 体内における自由水とは、細胞外液中に存在する自由に移動できる水のことで、腎臓に…

βブロッカーのISA

βブロッカーには、β受容体遮断作用と同時に、β受容体を刺激する作用を併せ持つものがあり、そのような作用をISA(内因性交感神経刺激作用:Intrinsic Sympathomimetic Activity)と呼ぶ。 ISAを持つβブロッカーは、交感神経が興奮している時にはβ受容体に抑…

ニューキノロン系によるアキレス腱断裂リスク

ニューキノロン系抗菌薬の服用により、アキレス腱の断裂や網膜剥離といった結合組織障害のリスクが高くなることが指摘されている。 ニューキノロン系抗菌薬を投与した患者では、アキレス腱障害を発症するリスクが約4倍、腱断裂を起こすリスクは約2倍に増加す…

ビソノテープの特徴

ビソノテープは、経皮吸収型の選択的β1ブロッカー。 以下、まとめ。 *一般名 ビソプロロール フマル酸塩 *適応症 ・本態性高血圧症(軽症〜中等度) ・頻脈性心房細動 *用法・用量 本態性高血圧症(軽症〜中等症)通常、成人にはビソプロロールとして8mg…

ピロリ除菌後の逆流性食道炎

ピロリ菌の除菌療法の後に、逆流性食道炎を発症することがある。 *発症メカニズム ピロリ菌感染によって低下していた胃酸の分泌が、除菌成功後に通常レベルまで改善する場合に、一時的に発症すると考えられている。 *どれぐらいの頻度か 「H.pylori 感染の…

メリスロンとセファドール

抗めまい薬として処方頻度の高い、メリスロンとセファドールの違いについて、以下まとめ。 *有効成分 メリスロン・・・メシル酸ベタヒスチン セファドール・・・塩酸ジフェニドール *剤型 メリスロン・・・錠 のみ セファドール・・・錠 / 顆粒 *作用機序…

モビコールの特徴

モビコール配合内用剤は、慢性便秘症を改善する浸透圧性下剤。 以下、まとめ。 *一般名 ・マクロゴール400・塩化ナトリウム・炭酸水素ナトリウム・塩化カリウム *適応症 慢性便秘症(器質的疾患による便秘を除く) *用法・用量 本剤は、水で溶解して経口…

ペニシリンアレルギーに対するピロリ除菌

通常のピロリ菌除菌レジメンには、一次除菌、二次除菌のいずれにおいても、アモキシシリンが含まれているため、ペニシリンアレルギー患者では使用できない。 ペニシリンアレルギー患者に対しては、以下の処方で治療する。 ペニシリンアレルギー患者に対する…

認知症の周辺症状(BPSD)

認知症は、いくつかの症状が出現する症候群を呈し、認知機能障害に起因する中核症状と、それら以外の行動症状・心理症状である周辺症状に分類される。 認知症の周辺症状は、BPSD(Behavior and Psychological Symptoms of Dementia)とも呼ばれ、患者周囲の…

メリスロンの認知機能への効果

ベタヒスチン(メリスロン)は、通常めまいの改善のために使用されるが、認知症治療の補助療法として投与されることがある。 大規模な臨床研究はまだされていないが、ベタヒスチンによる記憶回復効果が期待されている。 *考えられるメカニズム ベタヒスチン…

チモプトールXE点眼液とリズモンTG点眼液

チモプトールXE点眼液とリズモンTG点眼液は、どちらもチモロールマレイン酸塩を有効成分とする緑内障治療薬。 どちらも1日1回の使用で良いように、点眼後に薬液がゲル化することで効果が持続するように開発されたが、ゲル化する機構に違いがある。 他の点眼…

イノラス配合経腸用液の特徴

イノラス配合経腸用液の特徴と注意点について、以下まとめ。 *特徴 ・ラコールNF配合と同じアルミパウチ包装であるため、比較的持ち運びやすい。 ・フレーバーは、ヨーグルトとりんごの2種類(高齢になると甘みを感じにくくなる傾向があるため、甘さは控え…