薬局薬剤師の勉強日誌

日々の勉強を個人的にまとめたブログです

ドライアイと治療薬

 

ドライアイ(乾性角結膜炎、涙液減少症)とは、様々な原因により涙液層の安定性が低下する疾患であり、眼不快感や視機能異常を生じる。また、眼表面(角結膜)の障害を伴うことがある。

 

涙液層は、外側から①油層②液層③ムチン層の3層構造からなり、ムチン層の下には角膜があり、これらの層が何らかの原因で崩壊している状態。

 

ドライアイの悪化要因には、女性であること、加齢、コンタクトレンズの使用、長時間のVDT(Visual Display Terminals)作業がある。

女性が悪化要因である理由は、男性ホルモンのアンドロゲンが、油層を構成する脂質の分泌を促進するためと考えられている。

 

*治療薬

現在ドライアイの治療に用いられているのは点眼薬のみ。

 

人工涙液点眼
副作用はほとんどないが、頻回の点眼が必要。

 

ヒアルロン酸Na点眼

保水効果があるため、眼表面に長く留まる。角結膜常備の修繕作用があり、ドライアイに伴う上皮障害にも有効。
副作用はほとんどないが、高濃度のものは粘稠性が高いため違和感が生じることがある。

 

ステロイド点眼
自覚症状と涙液の安定性、上皮障害を改善するが、眼圧上昇に注意が必要であるため、推奨度は低い。

 

ジクアホソルNa点眼
人工涙液、ヒアルロン酸Naに比べて自覚症状と上皮障害を有意に改善する。
副作用として眼刺激感などがあるが、症状は軽微であることが多い。

 

レバミピド点眼
人工涙液、ヒアルロン酸Naに比べて自覚症状と上皮障害を有意に改善する。
味覚異常(苦味)の頻度が高いが、使用後に目頭を抑えて鼻涙管から口への移行を阻止することで軽減できる。
軽度だが涙囊炎の報告もある。

 

※ NSAIDs点眼は自覚症状、涙液安定性、上皮障害の改善に対するエビデンスが少ないため推奨されていない。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。  

 

ベンゾジアゼピン系の精神的依存と身体的依存

 

ベンゾジアゼピン系の服用において、精神的依存と身体的依存が認められる。

一般的に半減期の短い薬剤で依存を形成しやすい。

長期間の服用がハイリスク要因と考えられているが、近年では2〜4週間で依存が形成されるとする報告もある。

 

精神的依存
症状:薬が手元にないと落ち着かない、不安でたまらないなど
オーバドーズで服用している際に多くみられ、常用量の服用では比較的程度に留まり、服用中には症状が現れにくい。

 

身体的依存
症状:反跳不眠、手指の振え、嘔吐・嘔気、幻視、錯覚、けいれん大発作など
退薬時にみられる。一過性であることが多く、症状は1〜2週間程度で収束することがほとんど。

 

*依存回避のための休薬・減薬方法

ベンゾジアゼピン系依存による症状を軽減・回避するには、休薬の方法に注意が必要。

通常、以下のように減薬しながら中止する。

・減量を開始するのは、本来の症状が十分回復していることが大前提。
・1〜2週間ごとに服用量の25%ずつ、4〜8週間かけて減量する(それ以上の期間かけて減薬する方が良いという見解もあり)。
・多剤併用している場合には、半減期の短い薬剤から減薬を始めることが望ましい。
・超短時間型薬剤を単剤で服用している場合は、同力価の長時間型の薬剤へ切り替えてから漸減する方法も推奨されている。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。  

 

[新薬]テプミトコ錠

 

*一般名

テポチニブ塩酸塩水和物

 

*規格

250mg のみ

 

*適応症

MET遺伝子エクソン14スキッピング変異陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌

 

*用法・用量

通常、成人にはテポチニブ塩酸塩水和物として1回500mgを1日1回食後に経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。

 

*特徴

・国内初のc-MET阻害薬。

・適応となる変異は、非小細胞癌のうち約3%程度。

・c-METとは、癌細胞が発言するチロシンキナーゼで、幹細胞増殖因子(HGF)が結合することで核内に細胞内シグナルを伝達し、癌細胞の増殖や遊走、浸潤に関与している。

・本剤は、本来腫瘍増殖に必要なHGFが存在していない環境でも恒常的に増殖するMET遺伝子変異陽性の腫瘍に対して効果を発揮する。

・CYP3A4およびCYP2C8により代謝される。

・p-糖タンパク質の基質となる。

 

*注意点

・主な副作用として、体液貯留、腎機能障害、肝機能障害、間質性肺疾患、悪心、下痢、食欲減退など。

・間質性肺疾患による死亡例あり。

・他の抗癌剤との併用、手術後の服用に際する有効性および安全性は確立されていない。

・p-糖タンパクを阻害するため、ダビガトラン 、ジゴキシン、フェキソフェナジンなどのp-糖タンパク質の基質となる薬剤との併用注意。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。

 

アトピー性皮膚炎に有効な漢方薬

 

アトピー性皮膚炎に対して有効な漢方処方として、以下の2処方が挙げられる。

どちらも、重盲検無作為化比較試験において有効性が示唆されている。

 

【アトピー性皮膚炎に有効な漢方処方】

・消風散

・補中益気湯

 

それぞれ、以下のような症例に対して有効性が示されている。

 

*消風散

ステロイド外用薬で皮疹が軽快しない例に対して、皮疹の改善効果。

 

*補中益気湯

疲れやすい、だるい、やる気が続かないなどの“気虚”を呈する患者に対して、ステロイド外用薬の減量効果。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。  

 

[新薬]カボメティクス錠

 

*一般名

カボザンチニブ リンゴ酸塩

 

*規格

20mg / 60mg

 

*適応症

根治切除不能又は転移性の腎細胞癌

 

*用法・用量

通常、成人にはカボザンチニブとして1日1回60mgを空腹時に経口投与する。

なお、患者の状態により適宜減量する。

 

*特徴

・VEGFR2、MET、AXLなどの複数の受容体チロシンキナーゼを阻害することにより、それら以降の下流シグナル伝達を阻害し、腫瘍増殖抑制作用を示す。

・癌細胞の増殖に関与する複数の受容体のチロシンキナーゼを阻害することから、マルチキナーゼ阻害薬と呼ばれる。

・VEGFR2は腫瘍の血管新生に関与し、MET、AXLは腫瘍の転移および浸潤に関与しているため、本剤は腫瘍の増殖だけでなく転移の抑制作用を併せ持つ。

・主にCYP3A4により代謝される。

 

*注意点

・主な副作用は、高血圧、肝機能障害、骨髄抑制、手足症候群、出血、血栓塞栓症など。

・CYP3A4を阻害および誘導する薬剤やグレープフルーツ(ジュース)と併用注意。

・食後投与ではCmaxおよびAUCinfが増加する。

・本剤服用中は、抜歯などの顎骨に対する侵略的な歯科処置や局所感染により顎骨壊死のリスクが高まることが示唆されている。

・20mg錠と60mg錠の生物学的同等性は示されていない。
    ⇒ 60mg錠 × 1錠の代替として、20mg錠 × 3錠を投与するのは適切でない。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。  

 

[新薬]キャブピリン配合錠

 

*一般名

アスピリン/ボノプラザンフマル酸塩

 

*適応症

下記疾患又は術後における血栓・塞栓形成の抑制(胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の既往がある患者に限る)
・狭心症(慢性安定狭心症、不安定狭心症)、心筋梗塞、虚血性脳血管障害(一過性脳虚血発作(TIA)、脳梗塞)
・冠動脈バイパス術(CABG)あるいは経皮経管冠動脈形成術(PTCA)施行後

 

*用法・用量

通常、成人には1日1回1錠(アスピリン/ボノプラザンとして100mg/10mg)を経口投与する。

 

*特徴

・抗血小板薬のアスピリンとカリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P-CAB)のボノプラザンの配合剤。

・アスピリンによる胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発予防のためにボノプラザンが配合されている。

・P-CABは従来のPPIよりも即効性があり、効果の個人差が少ないため、より高い胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発予防効果が期待できる。

 

ボノプラザン(タケキャブ)について詳しくはコチラ↓
https://www.yakuzaishibn.work/entry/2020/02/14/190000

 

*注意点

・適応は、胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の既往がある場合のみ。

・ ボノプラザンの胃酸分泌抑制作用により血中濃度の低下する可能性があるため、アタアナビル塩酸塩、リルピビリン塩酸塩と併用禁忌。

・錠剤の外側にボノプラザンが含有されており、腸溶性の内核にアスピリンが含有されているため、半割調剤や粉砕調剤は避ける。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。

 

バイオAGとは(バイオシミラーとの違い)

 

バイオAG(オーソライズド・ジェネリック)とは、先行バイオ医薬品と同様の方法により製造される後発バイオ医薬品。

バイオシミラーと区別して、バイオセイムとも呼ばれる。

 

*バイオシミラーとの違い

バイオシミラーは、先行バイオ医薬品の“類似”のものと承認された医薬品で、「バイオ後続品」とも呼ばれる。あくまでも類似しているだけで、有効成分は同一ではない。

また、後発医薬品としては扱われないため、先行バイオ医薬品からの変更調剤はできない。

 

一方、バイオAGは先行バイオ医薬品と有効成分や添加物、製造方法などが同一の製品であり、変更調剤が可能。

 

バイオシミラーについて詳しくはコチラ↓
https://www.yakuzaishibn.work/entry/2019/12/25/190000

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。  

 

[新薬]ロケルマ懸濁用散

 

*一般名

ジルコニウムシクロケイ酸ナトリウム水和物

 

*規格

分包5g / 分包10g

 

*適応症

高カリウム血症

 

*用法・用量

通常、成人には、開始用量として1回10gを水で懸濁して1日3回、2日間経口投与する。なお、血清カリウム値や患者の状態に応じて、最長3日間まで経口投与できる。以後は、1回5gを水で懸濁して1日1回経口投与する。なお、血清カリウム値や患者の状態に応じて適宜増減するが、最高用量は1日1回15gまでとする。

血液透析施行中の場合には、通常、1回5gを水で懸濁して非透析日に1日1回経口投与する。なお、最大透析間隔後の透析前の血清カリウム値や患者の状態に応じて適宜増減するが、最高用量は1日1回15gまでとする。
 

*特徴

・国内初の、非ポリマー無機陽イオン交換樹脂製剤。

・体内には吸収されず、腸管内で効果を発揮する。

・規則正しい結晶構造とカリウムイオンの直径に近い微細孔開口部(平均約3オングストローム)により、カリウムイオンなどの1価の陽イオンを選択的に吸着し、消化管からの吸収を阻害する。

・既存の樹脂製剤と異なり非ポリマー構造であることから水分により膨張しないため、便秘や腹痛、腹部膨満感が起こりにくい。

・腸閉塞の患者に対しても投与可能。

 

*注意点

・効果発現が穏やかであるため、緊急の治療を要する高カリウム血症には使用しない。

・透析患者では、必ず非透析日に服用する。

・水素イオンを吸着して一時的に胃内pHを上昇させる可能性があるため、高HIV薬、アゾール系抗真菌薬、チロシンキナーゼ阻害薬などとの併用時には、2時間以上間隔を空ける。

・増量する際には、1週間以上の間隔を空けて、5gずつ行う。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。  

 

[新薬]メラトベル顆粒小児用

 

*一般名

メラトニン

 

*規格

0.2% のみ

 

*適応症

小児期の神経発達症に伴う入眠困難の改善

 

*用法・用量

通常、小児にはメラトニンとして1日1回1mgを就寝前に経口投与する。なお、症状により適宜増減するが、1日1回4mgを超えないこと。

 

*特徴

・小児期の発達障害に伴う睡眠障害に対する初の治療薬。

・有効成分のメラトニンは、体内時計に関与するホルモンの一種。

・MT1受容体を刺激することで神経活動を抑制し、MT2受容体を刺激することで睡眠位相を変動させ、睡眠を促す。

・入眠障害を改善することで、発達障害の中核症状を改善する可能性がある。

 

*注意点

・フルボキサミンマレイン酸塩と併用禁忌。

・就寝直前に服用する。

・増量を行う際は、1週間以上の間隔を空ける必要がある。

・6歳未満または16歳以上の患者における、有効性および安全性は確立されていない。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。  

 

[新薬]バクスミー点鼻粉末剤

 

*一般名

グルカゴン

 

*規格

3mg のみ

 

*適応症

低血糖時の救急処置

 

*用法・用量

通常、グルカゴンとして1回3mgを鼻腔内に投与する。

 

*特徴

・初のグルカゴン点鼻製剤で、1回1本使い切り。

・肝臓のグルカゴン受容体に結合し、肝臓に蓄積されたグリコーゲンをグルコースに分解(糖新生)して血液中に放出させることで、血糖値を上昇させる。

・点鼻剤であるため、他者による投与が容易。

 

*注意点

・褐色細胞腫の患者には禁忌。

・本剤の投与により低血糖症状が改善しない場合は、ブドウ糖静脈内注射などの処置が必要。

・繰り返し投与による血糖値上昇作用の増大は認められないため、他のグルカゴン製剤を含めて追加投与は行わない。

・低血糖症状から改善した場合でも、糖質の投与を行うことが望ましい。

・防湿性の容器に包装されているため、必ず投与直前に開封する。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。  

 

[新薬]ラツーダ錠

 

*一般名

ルラシドン塩酸塩

 

*規格

20mg / 40mg / 60mg / 80mg

 

*適応症

・統合失調症
・双極性障害におけるうつ症状の改善

 

*用法用量

統合失調症
通常、成人にはルラシドン塩酸塩として40mgを1日1回食後経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は80mgを超えないこと。

双極性障害におけるうつ症状の改善
通常、成人にはルラシドン塩酸塩として20~60 mgを1日1回食後経口投与する。
なお、開始用量は20mg、増量幅は1日量として20mgとし、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は60mgを超えないこと。

 

*特徴

・非定型型抗精神病薬(SDA:セロトニンドパミンアンタゴニスト)。

・統合失調症に対しては、中脳皮質系のセロトニン5-HT2A受容体を遮断することにより陰性症状を改善し、中脳辺縁系のドパミンD2受容体の遮断することにより陽性症状を改善する。

・うつ症状に対しては、セロトニン5-HT7受容体遮断作用と5-HT1A受容体部分作用(パーシャルアゴニスト作用)により症状を改善する。

・ヒスタミンH1受容体、ムスカリンM1/M2受容体への親和性をほとんど示さない。

・主にCYP3A4で代謝される。

 

*注意点

・主な副作用として、悪性症候群、遅発性ジスキネジア、糖尿病性ケトアシドーシスなど、他の非定型抗精神病薬と同様。

・中等度以上の腎機能障害および肝機能障害がある患者では、投与量の減量を考慮する。

・CYP3A4を強く阻害または誘導する薬剤との併用禁忌。

・グレープフルーツジュースの摂取は避ける必要がある。

・空腹時には吸収が低下する。

・服用中の車の運転などの危険を伴う機械の操作は禁止。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。  

 

ヒルドイドの鎮痛効果

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)は代表的な保湿剤だが、しばしば鎮痛作用を期待して処方されることがある。

中でもヒルドイドゲルは、保湿として使用されるのは稀で、疼痛や炎症に対しての処方がメインとなっている。

 

ヒルドイドゲルの適応症

血栓性静脈炎、血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後の硬結並びに疼痛)、肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防、進行性指掌角皮症、外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎、筋性斜頸(乳児期)、凍瘡

※ ヒルドイドゲルにのみ、皮脂欠乏症に適応がない

 

*鎮痛作用のメカニズム

ヘパリン類似物質は、血栓の生成を抑制することで局所的な血流を改善し、血行障害による痛みや炎症を緩和すると考えられている。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。  

 

NSAIDsによる自由水クリアランスの低下

 

NSAIDsの服用により電解質異常が引き起こされることがある。

その理由としては、腎機能の低下の他に自由水クリアランスの低下が示唆されている。

 

*自由水クリアランスとは

体内における自由水とは、細胞外液中に存在する自由に移動できる水のことで、腎臓においては遠位尿細管で付加または再吸収される水のこと。

自由水クリアランスが低下するということは、尿として排出される水分量が減少し高張尿になることを意味し、体内の水分量は増大し電解質濃度は低下する。

 

*メカニズム

NSAIDsによりPG合成が抑制することで抗利尿ホルモン作用が亢進し、遠位尿細管における水の再吸収が促進され、自由水クリアランスを低下させると考えられている。

 

*尿崩症への応用

NSAIDsの自由水クリアランス低下作用を利用して、サイアザイド系利尿薬と共に尿崩症の治療に用いられることがある。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。  

 

βブロッカーのISA

 

βブロッカーには、β受容体遮断作用と同時に、β受容体を刺激する作用を併せ持つものがあり、そのような作用をISA(内因性交感神経刺激作用:Intrinsic Sympathomimetic Activity)と呼ぶ。

 

ISAを持つβブロッカーは、交感神経が興奮している時にはβ受容体に抑制的に働き、興奮していない時にはβ受容体をわずかに刺激するとされている。

 

*ISA(+)のβ遮断薬

・アセブトロール(アセタノール)
・セリプロロール(セレクトール)
・カルテオロール(ミケラン)
・ピンドロール(カルビスケン/ブロクリン)
・ニプラジロール(ハイパジールコーワ)

 

*ISA(+)がもたらす作用

ISAを併せ持つβブロッカーには、わずかながらβ受容体を刺激する作用があるため、ISAを併せ持たないβブロッカーと比べて、安静時の心拍数に与える影響が少ない、徐脈を起こしにくいなどの特徴があると考えられる。

 

*ISA(-)との比較

ISA(+)のβブロッカーは心拍出量の減少がマイルドであるため、高齢者や徐脈の患者に適しているとされるが、生命予後改善に関するエビデンスは乏しい。

一方で、ISA(-)のβブロッカーはより強く心拍出量を減少させるため、狭心症や頻脈の患者に適するとされ、心筋梗塞の再発予防や心不全の予後改善に関するエビデンスがある。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。

 

ニューキノロン系によるアキレス腱断裂リスク

 

ニューキノロン系抗菌薬の服用により、アキレス腱の断裂や網膜剥離といった結合組織障害のリスクが高くなることが指摘されている。

ニューキノロン系抗菌薬を投与した患者では、アキレス腱障害を発症するリスクが約4倍、腱断裂を起こすリスクは約2倍に増加すると推測されている。

いずれも、服用開始から比較的早期に発症することが多いとされる。

 

*メカニズム

アキレス腱は約7割がコラーゲンからできており、その約9割はⅠ型コラーゲンで、約1割はⅢ型コラーゲンで構成されている。

ニューキノロン系抗菌薬は、コラーゲン、エラスチン、プロテオグリカンなどの細胞外マトリックスを分解するマトリックスメタロプロテアーゼ(MMPs)の発現を増強することが確認されており、ニューキノロン系抗菌薬の投与でMMPsによるコラーゲン線維の変性が促進され、腱断裂や網膜剥離に至ると考えられている。

 

*大動脈剥離のリスクも

大動脈壁を構成するコラーゲンもⅠ型とⅢ型が主体であるため、同じメカニズムで大動脈剥離や大動脈瘤破裂などの大動脈障害のリスクを高める。

 

 

※このブログの内容は、個人的に勉強した内容をまとめたものです。添付文書や治療ガイドライン等に基づいてまとめていますが、内容の正確性は保証できません。知識の向上のため、また、内容をより良いものにしていきたいと考えているため、不適切な記載等ございましたら、コメントにてご指摘お願い致します。